お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

お香の良い香りで心を落ち着かせてリラックス

仕事や家事、特に女性などは育児など、とかく日々の生活は忙しいといった方が多いと思います。そのため、趣味のために時間を毎日費やすといったことはなかなか難しいのではないでしょうか。

ストレスの発散のためにも、楽しみ満足感を得るといった意味でも、趣味は大切ですが、日々の生活の中で出るイライラなどは、その日のうちに無くしてしまいたいものです。

そんな時に上手く利用したいのが、お香などのアロマセラピーだと思います。好きな香りは、人々に「イライラを解消してリラックスできる」といった効果が期待できるのです。

お香の中でも沈香や伽羅の甘い匂いでゆったりしたいですね。

たつの、姫路、相生の葬儀場はセレモニープロデュースかなで。

葬儀について

葬式で使用される長い線香葬儀場と葬儀の変化
葬儀場への供物手配葬儀場
葬儀供花が供えられる葬儀

特別なお線香やお香

ご先祖さまにお線香をあげるとき、特別な日は少し高級線香やお香をたいてみませんか?

もともとお線香の香りは、気持ちの落ち着くものが多いと思いますが、いつものお線香は高級なものですと白檀の香りがとても心地良く、優しい気持ちになれると思います。

高級なものでなくても、お線香やお香の薫りには豊富な種類がそろっておりますので、故人のお誕生日や特別な記念日に、いつもと香りの違うお線香をあげてみてはいかがでしょうか。

お香、線香について

心地いい香りお香を焚いてみよう
線香通販のすすめ緊張とストレスにお香
ムスクの香りがする線香線香やお香の種類
お線香伽羅や沈香など香木の相場
お香香木

取扱いに気を付けたい線香

下手に扱ってしまうと、線香はすぐに割れてしまいます。墓参りなどで線香を持ち運ぶ機会も多いと思いますが、取扱いには注意しましょう。

線香が割れない様にするために、容器に入れて持ち運び、バッグをぶつけてしまったりする事がない様にしましょう。

専用のケースも売られていますので、気になる人はぜひ線香をケースに入れて持ち歩くといいでしょう。

また、しばらく線香を使用しない時にケースにしまっておくと、湿気を防ぐ事ができるという利点もあると考えられます。湿気っぽくなってしまうと、火が付きにくくなったりする事も考えられますので、その点においても注意しておきましょう。お墓参りではライターやマッチを忘れない様にしましょう。

いい香りがするお香やアロマ

ラベンダーなどアロマの天然のいい香りがする物にはとてもたくさんの効能があります。疲れやストレスを抱えている人が多い現在社会の中で、お香やアロマと言った物は私たちを癒してくれる事でしょう。

それらの効能にはリラックス効果があるだけではなく、集中力を高めてくれたり、イライラしたりする気分を落ち着かせてくれる事もあります。

また、無気力な時には元気が出る事もあります。中には頭がすっきりとしたという人もいますし、落ち着いた気分になったという人もいます。

年に数回は墓参りに行きましょう。そうすれば心も落ち着きます。そして、ご先祖さまも守ってくれるはずです。そんな時にはお線香を焚いてください。

できるだけ、伽羅や沈香のような香木の含まれたものがいいでしょう。

住宅事情とお線香について

戸建て住宅では自由に利用する事ができますが、集合住宅を賃貸として利用している場合には、お線香の使用が難しいという場合もある様です。

確かに、お線香は正しく使用すると特に問題はないですが、使い方を間違うと火事になってしまう恐れもあります。

お線香の火というのは僅かですが、他のいろんな所に燃え移ってしまう可能性もあります。安全を確保する目的で、火災感知器などが設置されている場合には、お線香が使いにくい事もあるでしょう。

家に仏壇があるという場合には、住宅事情によりお供えをする際に困ると感じる事もあるかと思います。その様な場合には、電気を利用したお線香があると問題が解決する事もあるかと思います。

葬式で贈りたい線香

自分にとって大事な人が亡くなった際には、葬式でしっかりと気持ちを伝えたいという事もあります。その際には、葬式に参加するのみならず、線香を贈るという方法もあります。

葬式では香典が贈られますが、線香も贈る事で、喜ばれる事もあります。線香は葬式が終了した後も使用する事が多いので、使用していただける事でしょう。

線香を贈るなら、できるだけ早く贈りたいと考える人もおり、葬式のタイミングに贈るのもいいでしょう。贈るのであれば、普段使っている様な物ではなくて、特別な線香が必要となります。

あらかじめ入手しておく必要があります。また、その物が状況に適している物であるかが重要となります。

現在の葬式で必要な線香

現在の葬式においては、線香は必要な物だと認識している人が多いでしょう。長い間葬式においては、線香が使われてきました。

昔は人が亡くなってから、葬儀を行うまでに、時間が経つと腐敗などが発生する事によって、強い臭いを感じる事もあり、葬式で線香を使う事によって、軽減するという事もあった様です。

葬式において線香を使用するには、仏様と一つになるなどの意味もありますが、この様に物理的な要因もあると考えられます。葬式において線香を使用する背景には、いろんな理由があると考えられます。現在においては、決まりきった順序に沿って式が行われます。昔からのやり方がそのまま今に受け継がれています。

葬式の後であげる線香

当然、葬式の際には線香をあげる必要がありますが、また葬式が終了した後もなお四十九日までの期間や、それ以降でも法事の際などには線香をあげる事が多いでしょう。

葬式の際は葬儀場で線香をあげる事になりますが、葬式が終了すると、主に自宅や墓場などで線香をあげる事になります。

自宅の場合には葬式が行われる会場の様に人が集まる分けではないので、線香をあげる際には、自分自身で責任を持って火の管理を行う必要があります。

小さな火であっても、後に大変な事になってしまう可能性はありますので、できるだけ目を離さない様にしたり、留守にする際には、念入りに火の始末ができているか確認するといいでしょう。

掛け紙をして葬式で贈る線香

一般的に葬式において贈られる事が多い物と言えば、やはり線香ではないでしょうか。

葬式やその直後に線香を贈る場合と、かなり時間が経ってから線香を贈る場合を比較すると、掛け紙が使われる事もありますが、その表書きが異なります。葬式の前後は四十九日を過ぎないので、御霊前となります。

葬式よりかなり時間が経ち、四十九日を過ぎている場合の線香の掛け紙は、御仏前となります。葬式の際に線香が贈られる事は多いですが、都合などがあった際には、別のタイミングで贈る事もあると思いますので、贈り方には気を付けましょう。相手に対して失礼となってしまう事がありますので、ミスがない様にする必要があります。

葬儀に参加する人数

最終的に何人の人が葬儀に来てくれるかという事は、その時にならないと分からない事があります。葬儀に参加する人数については、その人の家族や親せきはもちろんですが、友人や職場の仲間、または趣味などでつながっている人が来てくれる事もあります。

どの位の人が来てくれるか分からないという時にも、葬儀社に相談する事によって、目安としてこの位の人が来てくれるのではないかと一緒に考えてくれる事もある様です。

この様に葬儀において分からない事が出てきた場合であったとしても、自分だけで抱え込むのではなくて、相談して決定すると、ストレスを少し減らせます。満足できる葬儀にする事を目指しましょう。

アクセスを考えたい葬儀

自分たちだけではなくて、故人が生前に親交が深い人も葬儀に来る事になります。葬儀の会場は、自分の暮らす街にいくらかある場合もありますが、その際にはアクセスを考えた上で選ぶのもいいでしょう。

時には、遠くに暮らす親戚などが葬儀のために訪れる事もあります。その場合には、できるだけ駅の近くにある葬儀や、駅から歩いても負担にならない程度の場所であれば利用しやすいのではないでしょうか。

事前に葬儀を行う会場の地図などを調べておくといいでしょう。できるだけ他の人の都合についても配慮するといいでしょう。また、車を利用する人もいると思いますので、車でのアクセスについても考えておきましょう。

人生最後のセレモニーを行う葬儀場

入学式、成人式、結婚式、人は産まれてから様々なセレモニーを行っていきます。そして、人生の最後を飾るのが葬儀場で行われる葬儀です。

以前は葬儀といえば、何よりもたいせつな儀式でした。“村八分“という習慣があった時代でも葬儀だけは例外で、村人全員でお別れをしました。

近年、隣近所との付き合いが希薄になり、家族や親しい人だけで葬儀を行いたいと思う人が増えたようです。

そのため葬儀場も“家族葬“と呼んで少人数向けの、こぢんまりとした部屋に花や供え物、生前の思い出の写真等を飾り、落ち着いた雰囲気の中で葬儀を行えるようにしています。

葬儀場でのオプションは費用が高くなる

大切な人がなくなった時におこなうのが、お葬式です。故人のために、その人にふさわしいお葬式をしてあげることが供養になります。

ただ、お葬式はお金がかかります。さまざまなオプションをつけると知らず知らずの間にプラン料金より、はるかに高くなり予算をオーバーしてしまう場合もあります。

葬儀場によりますが、看板やお花、棺などのオプションが用意されているところがほとんどです。故人のために、少しでも良いものをと思うと、一つひとつは高くなくても合わせると、費用が高くなります。しっかりと費用なものを把握して、無理がないようにすることも大切です。

家族みんなの心温まる葬儀場

たつの市、姫路市にも葬儀場がたくさんあります。その中でどの会社で葬儀をあげようかを考えたときに、家族みんなに寄り添い、亡くなられた方が気持ちよく天国へ行けるような葬儀を行ってくれるだろうと思える場所を家族で選びます。

急なこともあるかもしれませんが、そんなことも気にせず、家族の皆さんのためにと葬儀の段取りを組んでくれる葬儀場を選びたいものです。スタッフさんの様子や、場内の雰囲気など、亡くなられた方に合う場所、残された家族がきちんと、亡くなられた方と向き合える場所であることが大切です。心温まる場所で最後の式を行いたいものです。

これから葬儀を迎える方へ

葬儀はいつ発生するかわかりません 。そのため、葬儀は発生した時にどのような行動をすればいいのでしょうか。

まずは葬儀業者を決めます。その次に日程やどのような式にするかを決めます。その地域のしきたりもあるので、わかる人に聞いてみるのが一番早いです。その後、必要な備品の打ち合わせを業者と行います。

内容は喪主や施主になる方、家族が中心に決めます。ただ、一番決定権を持つのは家族の代表の喪主、支払いを行う施主になります。打ち合わせが終わったら、決めた内容にしたがって事が運びます。葬儀の内容については、故人の生前の希望があるなら希望通り進めるのが一番いいのかもしれません。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る