お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

TOP お香

お香の歴史

お香の歴史について見ていきましょう。

日本では、お香が入ってきたのはかなり昔です。日本書紀にお香の元となる香について書かれていたそうです。

日本では香は一般的に生息している木とは異なります。

香となる木材は東南アジアなど生息する地域が限定されています。しかし、木材が日本に漂流してくる事もあり、最初は薪として火をつけたら、普通の木材とは違ういい香りがしたので、その後には政府に献上された事もあった様です。

現在では香はお香として商品化されるなど、日常的に使いやすい形となりました。

日本人になじみの深いお香の白檀

日本人になじみの深いお香の筆頭といっても過言ではないのが白檀です。御仏前に供えるお線香の香りとして用いられることが多いです。お線香というと現代人にとってはあまりよいイメージがないかもしれませんが、実は大変貴重な香木の一つでもあります。

ただ、現代では白檀の香りを嗅ぐとお線香を思い出すという人が今では大半のようです。別名サンダルウッドと呼ばれるこのお香ですが、今に意識を向けて自分の本質を向き合わせてくれる効果や、下痢や膀胱炎などにも効果があるといわれています。また、乾燥した肌を改善したり、むくみやセルライトにも効果的と言われています。

お香、お線香通販は薫りショップ

お香とハーブの違いとは

お香とハーブ、どちらも香りを楽しむイメージですが、実は決定的な違いがあります。ハーブというのは言ってみれば薬草です。何らかの症状を改善させるための薬なのです。使った料理があるように、それを食してその風味や香りを楽しんだり、その効果を期待することもあります。

それに対してお香は薬ではなく、極めて趣味的要素の高い代物です。香りによって精神的なリラックス効果を得られることから、乱れた精神状態を落ち着ける効果は得られるかもしれませんが、基本的に食したり肌に付けたりはしません。純粋に香りを楽しむのがお香なのです。

お香について

いろんな形をした匂い袋

一般的に匂い袋と言えば巾着袋の中に入っていて、着物の様なカラフルな生地で作られた物をイメージする人が多いかと思います。しかし、他にもいろんな形をした物があります。

うさぎや金魚など動物の形をした匂い袋などもあります。この様にまるで置き物の様に見える物まであります。ちょっと棚に飾っておくと可愛いですね。小さいので、そんなに場所がなくても、置いておく事ができるでしょう。

また、匂い袋に紐が付いている物も多く見かけます。
バッグやポーチに付けておくのもいいでしょう。

もうすでに持っているという人でも、いろんな物を買い集めて、更にコレクションするのも楽しいでしょう。

様々な形や色、香りのものを、たくさん揃えてみたいですね。

自宅で使うお線香やお香はネット通販で

自宅でくつろぐ時に、お香を焚くと大変リラックスした経験のある方が多いと言われています。一本のお値段は高価ですが、優しく上品な甘い香りが特徴的な沈香を購入したいと思っている方が多いです。

沈香は、大変高級な香木から作られていて、華やかで落ち着きのある香りなのが特徴になっています。お寺の本堂などで、経験することが多い古典的な香りですが、現在風にアレンジした商品も数多く販売されています。

お線香やお香はネット通販でも購入することができます。まとめて購入すると送料が無料になるお店が数多く紹介されているので、利用されると便利です。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る