お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

TOP 葬儀場

目次

葬儀場選びは故人のために大切

葬儀場を選ぶ事はとても大切です。別れの多くは突然で、悲しみの中で葬儀は慌ただしく行われます。

故人や残された人達のためにも葬儀はとても大切な儀式です。近いから、勧められたからと流されるままに安易に葬儀場を決めてしまうと後悔するでしょう。

故人らしく、故人の意思を尊重するためにも、葬儀所や葬儀の行い方を考えることが必要です。葬儀といっても故人らしさをだすためにも色々なオプションがあります。

後悔をせずに送り出すためにも、故人がどのような人生を送っていたのか、どのように送り出したいのかを考えることが大切です。

葬儀場 たつのならここ。

姫路で葬儀場を探すなら「葬儀 姫路」で検索。

葬儀場とビジネスに関する現代社会

みなさんが、葬儀場の選び方に関する事で考える点はなんでしょうか。近年、高齢化現象が非常に進んできた社会に比例するように、葬儀場ビジネスが飛躍的に成長してきています。

そして、葬儀オプションやニーズなどもさまざまに増えてきています。私たちが会場と業者を選ばなくてはならなくなったとき、頼りにするものと言えば、インターネットや広告、または昔から馴染みの業者などがあります。

やはり故人の最期を見送るのですから、その方のイメージにあった場所と形式を選択したいと思うでしょう。オプションや対応方法なども考慮して決めたいものですね。

葬儀関連

葬儀場のありかたについて

現代における葬儀のあり方は多種多様です。葬儀場は別れを惜しみ悲しみに溢れる場所です。昔は厳かに静かに送り出すため、葬儀場でのマニュアル化された葬儀でした。

葬儀は大切な人と別れる最後の思い出の場所です。

故人らしくて故人のための葬儀を、残された人達が思い出とともに送り出せるためにも葬儀の行いかたは大切です。遺族の想いを汲み取り今では葬儀も多種多様です。

葬儀にも色々なオプションがあります。葬儀の時に慌てないためにも、自分はどのように最後を迎えたいのか、どのように葬儀をしたいのかを生前から話し合う事が大切です。

多様なプランを打ち出す葬儀場

現代の生活スタイルにあわせて、たつの市や姫路市の葬儀社も多様なプランを打ち出しています。例えば、通夜と告別式を分けずに一日で行う一日葬や、家族など近しい人のみで見送る家族葬があります。

自分の死について考える終活がブームとなったこともあって、生前相談を受け付ける葬儀社も増えています。

また、昔は親族が線香の火を絶やさないよう寝ずの番を行ったものですが、自宅ではなく葬儀場で葬儀をするのが一般的になり、そうしたしきたりも次第になくなってきました。

しかし、前夜なるべく故人の近くで過ごしたいという要望もあるため、親族ならば宿泊可能な葬儀場も出てきました。

自宅でも葬儀場でも故人を想う葬儀にする方法

大切な人が亡くなったとき、故人を想う気持ちを大切にした素敵な葬儀を執り行いたいと思うでしょう。

これまでは自宅か葬儀場で式を行い、火葬した後お墓へ納骨するのが一般的でしたが、最近ではたつの市や姫路市などでも、従来のしきたりにとらわれず、自由な弔い方ができるよう、葬儀にもさまざまな手法が取り入れられています。

遺骨を海へ撒く海洋葬、宇宙へ打ち上げる宇宙葬などユニークな葬儀があります。

遺骨からダイヤモンドを作り、肌身離さず身に付けられるジュエリーに加工するサービスも近年注目されています。

専門業者を通すことで、故人や遺族の想いを尊重した葬儀をあげることができるでしょう。

家族葬が可能な葬儀場も増えている

近年、親しい人のみで故人を見送り、費用をおさえて葬儀を行いたいなどの考え方から、小規模での家族葬が増えています。そのようなニーズに応え、葬儀場や供え物などにも変化が見られます。

小規模な葬儀にも種類があって、家族葬や一般葬、火葬式、お別れ葬などがあります。火葬式では通夜や告別式を行わず、お坊さんの供養の後火葬をして、ごく限られた近親者や遺族のみで故人を見送ります。

また、故人らしさを反映したいと、好きな音楽をかけたり生前の映像を流したりと、従来の形式にとらわれない葬儀を受け付けているところもあります。

葬儀場での供え物について

葬儀場で香典や供花とともに供え物も置かれています。しかし、誰がどのようなものを贈るのか、贈る際のマナーなどは知られていないことが多いです。

供え物は個人を偲び、遺族へ弔意を示します。供花と同様に祭壇を華やかにするという意味合いもあります。

基本的には近親者が贈りますが、団体などに所属していた場合は関係者が贈ることもあります。地域や宗教によっては内容が変わったり供花のみのこともあったりするため、贈る前は事前に地域の葬儀場などに尋ねてみるとよいかもしれません。

また、近年では葬儀の簡略化で贈ることが少なくなっていることや、故人や遺族が不要だと考えていることもあるため、事前に確認をとることが必要です。

葬儀場の決め方で思うこと

葬儀場との関わりは葬儀のときだけでなく病院で亡くなったときからです。故人を自宅へ連れ帰るにも料金が発生します。病院から自宅へ戻らず、そのまま葬儀場へ行くにしてもガソリン代ドライアイス代と細かな料金がかかります。

斎場では供え物や花や食事、際限なくお金がかかります。ソフトドリンクなどや自分たちの食べ物などは斎場に入る前に用意しておいたほうが良いでしょう。

香典返しを選ぶのも面倒でしょうが自分たちで決めましょう。斎場側に任せると割高のものにされることがあります。

タブー視されますが前もって斎場の下見をされることをオススメします。最期のときを心安らかに見送れるように準備も必要です。

亡くなられた親族の葬儀場ですべきこと

葬儀場の流れとして、葬儀スタッフさんに連絡して病院等で亡くなられた御遺体を葬儀場へ移動させることです。

死亡の届け・火葬場の手続き等など御遺族方には悲痛な思い中で、手続きが大変ですので、スタッフさんがサポートしながら通夜が始まる前に終わらせます。

供え物は亡くなられた親族の代表や世話になった会社から祭壇に生花を供えたり、生前愛用した形見を飾ったりすることが一般的なようです。

そうして宗門宗派によっては、お経や聖書など異なりますが、御遺族の代表が喪主として通夜と葬儀を果たし、亡くなられた御遺体を霊柩車に見送りながら最後は合掌となります。

葬儀場を利用する際の注意点

一般に葬儀を執り行う際には葬儀場を利用する方が多いことでしょう。宗教施設等で行う場合もありますが、近くにない場合、火葬場への利便性のある葬祭会場を使用する方がほとんどです。

しかし、葬儀は故人の属する宗教が関わってきます。仏教の葬儀にも多くの種類があり、例えば禅宗や浄土真宗、浄土宗など様々です。

また神道やキリスト教、などそれぞれしきたりやかかる費用も変わってきます。故人の宗教が葬祭会場で対応しているかは、注意が必要です。

また故人が無宗教の場合には、宗教やしきたりにとらわれない自由な形のお葬式もできます。

供花に関することなら葬儀場に相談

一般的に供花というのは、葬儀場に供えるお花の事を指します。故人との関係によって変わるのですが、お悔やみなど弔意を込めて供えられます。普通は誰でもお花や花輪を送ることができますが、地域や宗教によって微妙に異なるため注意が必要です。

葬儀に参列できない時、香典の代わりに花を送られることも過去には多くあったのですが、最近では故人の遺志によってなど、供花や香典自体を断るご遺族の方も増えているので、事前に連絡を取ってから注文する方が良いでしょう。

花の種類や色についても、周りとの統一感なども考慮した方が良い場合もあるため、そのような時は葬儀場への相談をするのが適当と言えます。

競争激化する葬儀場の市場

近年、葬儀場の費用は価格競争、核家族化が進み、以前に比べて低価格で行う事が出来るようになりました。

また、冠婚葬祭を全て行う業者も多く、結婚式を行う若者が減少する中、高齢化も進む今の社会では、葬儀が減る事はまず考えられません。また、子どもに葬儀の費用を持たせないためにも、自分が死ぬ前に準備を行う人は多くなっており、終活という名で生前整理と葬儀の場所決めなどまでしておく方もいます。

積み立てや保険に組み込まれているものもあり、葬儀市場はこれからもある程度伸びていく事が見込まれます。今後も更に時代に適合した葬儀場が現れるでしょう。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る