お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

TOP 葬儀場たつの 葬儀場への供物手配について

葬儀場への供物手配について

会館での葬儀の場合、そこに問い合わせをすれば、供物の手配を行うことができます。代表的なものは生花、花輪、盛り篭です。金額の予算と差出人名、一個か一対かを伝えます。

それらの並び順は、施主と葬儀会館スタッフ、担当者との判断によって決まります。基本的には血縁の濃い順から祭壇に近いところに設置されます。

それと別の祭壇の盛り台の上に飾るお供え物は、通常葬儀場で用意してくれます。中には喪家の方で故人が生前好んでいたものを、経机に用意して供えられる方もいます。

それが火葬しても問題のないものであれば、お別れの花入れのときに一緒に棺に入れることも可能ですが、葬儀場のスタッフに確認してからするようにしましょう。

姫路で葬儀場を探すなら「葬儀 姫路」で検索。

葬儀場の供え物の贈り方

葬儀場の供え物の意味はご存知でしょうか。故人の霊を慰めるために贈る物です。内容は宗教によってさまざまです。仏教では果物や缶詰、故人が好む物のほかに、お線香やろうそくなどが適しています。

神道では果物や菓子、故人の好む物のほかに、お酒や海産物なども適しています。

キリスト教では仏教や神道と異なり、供え花以外は贈らない・飾らないのが習慣です。

宗教によって違いますので、注意が必要です。全国的に平均な習慣の葬儀を行うところが多いですが、都市群以外は地域によって異なります。宗教や地域によって贈るものが違いますので、葬儀社や喪中家に確認すると良いでしょう。

葬儀関連

時代とともに変わる葬儀と葬儀場

葬儀といえば、かつては自宅に祭壇を設置して、住職を呼んで盛大におこなうのが一般的でした。

現在では準備の大変さや住宅のコンパクト化などから、葬儀場でおこなうことが一般的となってきています。

そして昨今、大がかりな葬儀を望まない人のために、家族葬や火葬式の葬儀も増えています。

知人が少ない、本当に偲んでほしい人だけに参列してほしいという人が増えたことによるので、現代のニーズに合っているといえます。

何より一般的な葬儀の費用に比べてかなり費用を抑えられるのが利点です。

祭壇、お花、お供え物がプランに含まれており、接待費を抑えられるのが少人数葬儀の利点といえます。

小さなお葬式が出来る葬儀場

近年では亡くなった方の意志を尊重して派手な葬儀はせずに、控えめなお葬式を選択する方が増加しています。

その中でもたつの市や姫路市の葬儀場で行われていて、最近ではメディアなどでも取り上げられるくらいに有名になっている新しいタイプの葬儀があります。

それは小さなお葬式と呼ばれていて、葬儀自体にかかる費用や葬儀価格の複雑な点を分かりやすくすることで、一般の方々にもコスト面などが非常に分かりやすくなっています。

また費用面だけでなく、参列者の人数に合わせてプランなども用意されているので、個々の家庭の事情や都合に合わせて利用することが出来るので便利です。

小規模でしめやかな葬儀に対応する葬儀場

かつて葬儀は、故人の最後のイベントとして盛大に行われたこともありました。しかし簡素に家族やごく親しい知人で葬儀を営み、希望があれば後日、お別れの会などを開催して亡くなったことを通知する傾向にあります。

さらに弔問の人のアクセスに考慮して、葬儀場の場所も姫路市では駅の近くに、たつの市の場合は自家用車で来る人に考慮して、高速インターのそばに立地します。

式のスタイルも、お通夜などを行わない一日葬や、式自体も実施せず火葬のみのプランもあります。その場合、式の費用もかなり抑えられます。

受け入れる宗派も、以前ほどは厳密でなくなり、全宗派の葬儀場はほとんどですが、事前の確認が必要です。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る