お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

TOP 葬儀

目次

持ち物に注意したい葬儀

自分で持ち物を用意した上で葬儀に参加する必要があります。葬儀の際にはバッグが必要ですが、黒い物である必要があります。

葬儀では数珠が必要ですので用意しておきましょう。また、葬儀の際にはハンカチやティッシュは最低限必要となります。

葬儀においては身だしなみも大事となります。アクセサリーは派手な物は避ける必要があります。パールの物などは問題ありません。

金属製の物は控える必要があります。女性の場合にはメイクをする事もありますが、ナチュラルに仕上げる必要があります。

そして、天気が良くない場合には傘を持って出かける必要がありますが、色が付いている物ではなく、黒の物が必要となります。

姫路でたつのを探すなら「葬儀場 たつの」で検索。

分割で支払いができる葬儀

もし葬儀を行う必要が出てきた際には、それなりにまとまった必要となります。

しかし、いつ葬儀が必要になるかという事が分からず、家計が厳しい時に葬儀を行わないといけないという事も考えられます。

そんな時には葬儀の費用を分割で支払う事ができれば、負担を減らす事ができます。

また、葬儀の費用を捻出するのが厳しいという時は、価格を優先的に考えて、安いプランを選ぶという方法もあります。

葬式に必要な費用を賄ってくれる保険に加入しているという人であれば、問題ない場合もあります。

できるだけ故人のためにお金を掛けたいと考える人は多いですが、実際にはお金のやり繰りが難しいと感じる事もあります。

葬儀関連

宗派によって違いがある葬儀

いろんな宗教や宗派が存在していますが、葬儀の際にはその違いが大きく表れる事もあります。

自分の家族や親せきの宗派については、これまでに葬儀を行った事がある人などの場合には把握している事も多いでしょう。

しかしながら、少し離れた関係にある人の葬儀に参加する際には、宗派が把握できていない事もあります。

葬儀は作法と深い関係がありますので、本番で間違ったりする事がない様に、できるだけ宗派や宗教について事前に把握する様に努めましょう。

宗派が分かれば、その宗派はどの様な葬儀を行うのかという事について調べるのみとなります。

焼香などの際に、宗派の違いが出る事もあるので、気を付けましょう。

追加料金が必要になる葬儀

紹介されている基本プランを利用して葬儀を行う場合であったとしても、時には追加料金が必要になるケースもあります。

葬儀においては、安置するのが長くなってしまった場合には、葬儀までの間に使用するドライアイスがたくさん必要になりますので、追加料金として請求される可能性もあります。

また、葬儀においては遠くの火葬場を利用するなどした場合には、移動距離が長くなりますので、その際にも追加料金が発生する事もある様です。

葬儀の際には見積もりを利用すると同時に、基本プランの中にどの様なサービスが含まれているのかという事を確認しておきましょう。

また、追加料金となる可能性も確認しましょう。

作法が重要な葬儀

現在だけではなく、昔から葬儀においては作法が重要だと考えられてきました。葬儀においては、ちょっとした事ができているかどうかによって、マナーのある人だと判断されたり、もしくは常識に欠けると判断されてしまう事もあります。

そう考えると、葬儀に参加するのが心配に感じられる人もいるでしょう。

しかし、社会経験が浅い人の場合には、葬儀に参加した経験も少なく、どうしていいか分からない事も多いでしょう。

しかし、葬儀は、基本的にいつも同じ流れで行われますので、参加するまでに、少し学んだり、練習する事によって、改善できる部分も多いでしょう。

作法については、ネットで調べて勉強する事もできます。

葬儀に向けて

親しい人が亡くなった際には、葬儀を行う必要があります。身内の場合には、葬儀を手配する必要があり、それと同時に葬儀に来てもらう人に連絡しないといけません。

亡くなった次の日に通夜が行われ、その次の日に葬儀が行わるのが一般的ですが、場合によっては若干長引く事もある様です。

そのため、時間がない中で対応しないといけません。葬儀社に連絡をする事ができれば、すべき事についてアドバイスしてくれる事も多いでしょう。

身内が亡くなるという事はあまりないと思いますし、またいきなり亡くなる事もありますので、戸惑う事もあります。

完璧にする事が難しいので、自分なりにベストを尽くすといいでしょう。

小物が必要となる葬儀

数珠や香典袋など葬儀においては、いろんな小物を用意する必要があります。しかし、人が亡くなってから、あまり時間が経たない間に葬儀が行われますので、小物を用意している時間が十分にない場合もあります。

また、葬儀の際には、精神的にも辛い場合があり、いろんな事を考える気持ちの余裕がない場合もあります。

葬儀で使用される小物については、参列する人が自分で用意するというのが基本となりますが、万が一忘れてしまった際には、葬儀社が貸してくれるサービスを行っている事もある様です。

近くにお店がなかったり、葬儀場に到着してから、忘れている事に気が付いた場合には、借りる事ができれば便利でしょう。

挨拶が行われる葬儀

これまでに一度でも葬儀に参列した事がある人であれば、葬儀におけるあらゆる場面で挨拶をする事が多いという事を把握している事でしょう。

葬儀においては、あまり長い挨拶は必要ない場合もありますが、遺族となった場合には、葬儀に参列してくれた人やお世話になった人に対して感謝の気持ちを述べる機会もあります。

葬儀は事前に用意をしたりする事ができない場合が多いので、少しつたない言葉となってしまっても、自分の言葉で気持ちを伝える事が大事ではないでしょうか。

全体の流れなどについて調べてみると、どのタイミングで挨拶を行うのかという事が記されている事もありますので、考えるのもいいでしょう。

故人との別れとなる葬儀

誰にでも死は訪れるという事は頭で理解していたとしても、実際に葬儀となれば、故人との別れが悲しく、辛く感じられる事でしょう。

昔は、葬儀にたくさんの親戚などが集まる事が多かった様ですが、近年では近しい家族などだけで葬儀が行われる事も多くなりました。

葬儀というのは、時代によって変わらない部分もありますが、変わっている部分もあります。葬儀は、形式に沿ったものだけではなくて、自分達が好きな様に行う事ができる事もあります。

昔からのやり方を反映するよりも、自分達の気持ちを故人や周囲の人に伝える事の方が重要であると考える人もいます。これからも時代が進むと、変化する部分もあるでしょう。

いざという時のための葬儀準備

家族や親族がいざ亡くなった時には誰しも悲しいと同時に、その後の手続きの多さから混乱してしまうものです。殊に葬儀の準備は大切です。

例えば、家族葬にするかどうか、誰を呼ぶか、どこの式場を利用するかなどです。こうした葬式に関する事柄は、冷静な状況時に判断しないととんでもない混乱を招くことになってしまうため、故人と生前にきちんと話し合っておく必要があります。

また、式場を通して檀那となる寺の住職さんにも事前に話をつけておかないと、当日急に依頼をしても断られてしまう可能もありますので注意が必要です。

葬儀に関する手続きは早めの準備が大事ということを心掛けましょう。

大切な人を送り出すのが葬儀

残された人で葬儀を執り行うのが、日本のしきたりです。火葬場に遺体が運ばれると、火葬される門の中へと運ばれます。遺体の入った棺が火葬場の中へと運ばれると、徐々に門が閉まっていきます。その時の気持ちは、なんとも切なく悲しいものだといわれています。

身近な人が亡くなると、その人ともう会うことができません。人の死はいつの時代でも辛く避けられないものです。葬儀には色々な種類とランクがあり、値段も変わります。最近では身内だけで済ませる家族葬というものが流行っています。共働き家族などが増えた時代の変化とともに変わってきているのです。

葬儀における喪主挨拶

葬儀では通常喪主の挨拶が行われます。通夜と告別式に行われます。喪主は参列者に対して失礼のないような挨拶文を準備する必要があります。

文体の例は書籍やインターネットで簡単に調べることができます。ありきたりの挨拶ではなく自分の言葉で参列者に対してお礼を述べることが重要です。

挨拶文の内容はお礼と自己紹介と故人のエピソードを加えると印象の残る挨拶となるでしょう。エピソードの内容も葬儀にふさわしいか検証します。忌み言葉も使わないようにしましょう。

長々と故人の思い出話を話しだす喪主を見かけますがこれは参列者にとって負担になります。いずれにせよ来ていただいた方々への感謝が一番大事です。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る