お香で癒し生活!香木や線香の香り究極の癒しを求める

良い香りは心が落ち着きリラックスすることができます。好きな香りや心地いい香りを嗅いで、不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。お香や香木、伽羅などで癒される生活をおくりませんか。

TOP 葬儀場たつの 葬儀場での最期の別れ

葬儀場での最期の別れ

最近の葬儀は多様化していて、どんな葬儀にしたいのか自分の思い描いた葬儀にするには生きているうちに「終活」を行うことが重要です。

家族間で趣味や好み、大切なものを共有出来ている場合は寄り添って葬儀場の担当者と葬儀プランを考えることが出来ますが現実は難しいです。

友人や家族に好きな花を伝えているだけでも、祭壇花やスタンド花や供花、棺桶に1人ずつ入れていくお別れ花に自分の好きな花でお別れさせてもらえることもあるのです。

なかなか死後の事を話し合うというのは家族間でもデリケートな話題ですね。しかし、家族でしっかり向き合うことで最期の別れをいい思い出と出来る可能性は広がります。

姫路で葬儀場を探すなら「葬儀 姫路」で検索。

葬儀関連

葬儀場に贈る供花の歴史

故人を悼むために、葬儀場の祭壇へ供花を贈るという慣習があります。これは、仏式の葬儀や神道の神葬祭でも行われますが、意外にも起源は仏教の説話からきています。

仏教の説話によると、ゴーダマ=シッダールタ(釈尊)が亡くなった際に、釈尊の死を悼むために天から宝花が降ってきて釈尊を供養したそうです。

その風習が受け継がれ、現在も日本の仏式や神式の葬儀で行われているのです。また、意外にも供花が起源となる日本の文化があります。

それは生け花などを行う華道です。室町時代、茶道とともに華道は日本に入ってきました。華道も茶道も、元々は仏教における風習が元になった文化なのです。

近年における葬儀場の変化

近年、従来のものよりコンパクトな家族葬専用葬儀場も増えてきています。家族葬が広まる背景には、宗教観の変化やコミュニティの稀薄化があげられます。

昔は準備から埋葬まで地域全体で行ったものですが、核家族化が進み、高度成長の中で葬儀をサービスとして行う葬儀場を利用するのが一般的になりました。

また、コスト面の問題や葬儀に何日も時間を割けないという理由のほか、故人や遺族の意向を尊重してさまざまなオプションを設ける葬儀会社が増えてきたということもあげられます。

高齢化社会が進み、生前のうちから自分の最期を演出するサービスを予約しておくという終活を行う人も年々増加傾向にあります。

葬儀場での服装と香典について

葬儀場での服装について説明します。葬儀では必ず喪服であるという必要はないですが、色の派手なものやカジュアルな服装は基本的に良くないとされています。

男性であっても女性であっても黒や紺、グレーなどの色を着用するのが望ましいです。お通夜などは故人を偲ぶ場所であり、服装には十分に気を付けましょう。

また、香典の費用については故人の生前の関係や年齢などにおいて総合的に判断します。

例えば知人、友人、親族などの場合は5000円から10000円程度が相場とされるでしょう。しかし、あくまでも香典は気持ちの問題であるため相場にとらわれる必要はないと考えられます。

メニュー

お香で癒し生活!TOP   お香   お線香   葬儀 姫路   葬儀場たつの   香木   線香マナー   線香通販のすすめ

ページトップへ戻る